netkeiba.com

シルヴァンシャー(アゼリの2015)

牡2 鹿毛
募集額(口数) 一口出資金
1億6000万円(40口) 400万円 / 1口
総賞金:
0万(0.0%)
本賞金 0万
付加賞 0万

獲得金はプレミアム登録でご覧になれます。

生年月日 2015年03月28日
馬主 サンデーレーシングサンデーレーシング
調教師 栗東池江泰寿
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味 アゼルバイジャンにあるシルヴァンシャー宮殿
セリ取引価格 -
マイホース
登録
robbenさんナイスパーワーさんdiamondnewさんやんんさんdemizooさんゆうちんさんエムズさんヒデヨシさんむらちょさん武豊??さん 144人
検討リスト
追加
{件数}
マイホース登録について
マイホース登録をすると、愛馬の近況や出走情報などをマイホースページで一元管理することができます。
検討リストについて
検討リストでは、新馬サーチを見つけた気になる馬をリスト化して保存することができます。

おすすめポイント

日米両国の至宝による配合で誕生した全兄2頭が、ワールドワイドな視線を集める日本市場で共に高評価を受けていることから、本馬の動向にも世界中から熱い視線が注がれます。その深く澄んだ瞳は見る者を魅了し、利発そうな顔立ち、張りのある筋肉とそれを覆う薄い皮膚、ときおり見せる悍性の強さは父を連想させるものです。やや短めで強靭な背中は、後躯から生み出される推進力を余すことなく伝えると同時に全身を動かすためのバネとなり、躍動感あふれるキャンターの原動力となっています。活躍は国内だけにとどまりません。きっと国際舞台での歓喜の場に導いてくれるでしょう。

馬体情報

体高 152.0cm 胸囲 164.5cm 管囲
 20.4cm
馬体重 386kg
  • 馬体重: 2016/6/8 (生後1年2ヶ月) 時点
  • 測尺  : 2016/6/8 (生後1年2ヶ月) 時点

※最新の募集状況、馬体重や測尺などのデータは、必ず一口馬主クラブが発表したものをご確認ください。

血統情報

父:
ディープインパクト(2002年 鹿毛 )
通算成績 | 14戦12勝(12-1-0-1)
主な競走成績
1着 - 皐月賞(G1)、東京優駿(G1)、菊花賞(G1)、天皇賞(春)(G1)、宝塚記念(G1)、ジャパンC(G1)、有馬記念(G1)、報知杯弥生賞(G2)、神戸新聞杯(G2)、阪神大賞典(G2)
2着 - 有馬記念(G1)

JRA総合リーディングサイアー(2012-2015年)、JRA顕彰馬選出(2008年)、JRA賞年度代表馬(2005,2006年)、JRA賞最優秀4歳牡馬(2006年)、JRA賞最優秀3歳牡馬(2005年)
本年度
リーディング
1 位 / 420頭中(前年度 1位/442頭中)
同世代の産駒 173 頭
EI 2.6
勝馬率 61.62 %
代表産駒 ジェンティルドンナ('13 ジャパンC(G1))
EI
アーニングインデックス。種牡馬の成績を表す指標のひとつ。競走馬1頭当たりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの平均収得賞金の割合。平均は「1.00」で、それより数値が大きいと優秀な種牡馬といえる。
勝馬率
デビューした産駒のうち、1勝以上した馬の割合。
母:
アゼリ(1998年 栗毛 )
通算成績 | 0戦0勝(0-0-0-0)
牝系図
アゼリ
( 1998 栗毛 ジェイドハンター)
アメリ
( 2010 栗毛 Distorted Humor) 3勝
ロイカバード
( 2013 黒鹿毛 ディープインパクト) 4勝、中央現役
3着
京都新聞杯(G2)、きさらぎ賞(G3)
アドマイヤアゼリ
( 2014 鹿毛 ディープインパクト) 1勝、中央現役
シルヴァンシャー
( 2015 鹿毛 ディープインパクト) 1勝、中央現役
祖母 Zodiac Miss
( 1989 Ahonoora)
曽祖母 Capricornia
Stagecraft
( 1929 Fair Play)
Stagehand
( 1935 Sickle)
Stage Sister
( 1938 Sickle)
Silic
( 1995 鹿毛 Sillery)
Invermay
( 2005 Dynaformer)
母父:
ジェイドハンター(1984年 栗毛 )
通算成績 | 0戦0勝(0-0-0-0)
父×母父の
産駒
4 頭
代表産駒 ロイカバード('16 元町S)

マイホース新着情報

ブログ、Twitterは外部サイトへ移動します。

みんなの新馬評価

あなたの新馬評価
みんなの新馬評価とは
一口馬主を楽しんでいるユーザーやPOGユーザーが、血統・馬体・仕上がり・健康度のいずれかの評価ポイントと点数で新馬を評価。他のユーザーがどんな視点で新馬を評価しているのかがわかります。