netkeiba.com

コスモライセンスの2018(コスモライセンスの2018)

牝2 栗毛
募集額(口数) 一口出資金
1300万円(2000口) 0.65万円 / 1口
総賞金:
0万(0.0%)
本賞金 0万
付加賞 0万

獲得金はプレミアム登録でご覧になれます。

生年月日 2018年04月09日
馬主 広尾レース広尾レース
調教師 -
生産者 シグラップファーム
産地 日高町
馬名の意味 -
セリ取引価格 -
マイホース
登録
kzmax0413さんAIBAさん権田勇慈さんぐっちょんさんいまいち君さん優優さんWINDさんリシャルトさんもょもとさんともゆきさん 112人
検討リスト
追加
{件数}
マイホース登録について
マイホース登録をすると、愛馬の近況や出走情報などをマイホースページで一元管理することができます。
検討リストについて
検討リストでは、新馬サーチを見つけた気になる馬をリスト化して保存することができます。

おすすめポイント

頑健かつ馬格に恵まれた、輝く栗毛が美しい本馬。従順で温厚な性格や飼葉喰いの良さ、物覚えの早さなど、調教を進めて行くにあたって優位に立てる資格を授かっており、これらは操縦性の高さ、折り合い面の良さとして今後の走りや順調度に表れてくるものと思われる。姉や従兄スワーヴリチャード同様、照準は芝の中距離前後。スタミナを活かすようなタイプと見ており、現段階で不安材料が皆無である点も大きな強みといえよう。

馬体情報

体高 --cm 胸囲 -cm 管囲
 -cm
馬体重 --kg
  • 馬体重: 
  • 測尺  : 

※最新の募集状況、馬体重や測尺などのデータは、必ず一口馬主クラブが発表したものをご確認ください。

血統情報

父:
タートルボウル(2002年 鹿毛 )
通算成績 | 21戦7勝(0-0-0-0)
主な競走成績
1着 - ジャンプラ賞(G1)、ジョンシェール賞(G3)
2着 - イスパーン賞(G1)、ミュゲ賞(G2)、エドモンブラン賞(G3)、シュマンドフェルデュノール賞(G3)
3着 - ジャックルマロワ賞(G1)、クイーンアンS(G1)
本年度
リーディング
18 位 / 332頭中(前年度 33位/449頭中)
同世代の産駒 25 頭
EI 0.57
勝馬率 30.26 %
代表産駒 トリオンフ('20 中山金杯(G3))
EI
アーニングインデックス。種牡馬の成績を表す指標のひとつ。競走馬1頭当たりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの平均収得賞金の割合。平均は「1.00」で、それより数値が大きいと優秀な種牡馬といえる。
勝馬率
デビューした産駒のうち、1勝以上した馬の割合。
母:
コスモライセンス(2010年 栗毛 )
通算成績 | 17戦1勝(1-0-2-14)
牝系図
コスモライセンス
( 2010 栗毛 アグネスタキオン) 地方1勝
ルタンブル
( 2016 黒鹿毛 エイシンフラッシュ) 2勝、中央現役
祖母 キャリアコレクション
( 1995 鹿毛 General Meeting) 海外5勝
1着
ソレントS(G2)、ランダルースS(G2)
2着
ハリウッドスターレットS(G1)、BCジュヴェナイルフィリーズ(G1)
ピラミマ
( 2005 黒鹿毛 Unbridled's Song)
ナンヨーカノン
( 2010 青鹿毛 フジキセキ) 4勝
バンドワゴン
( 2011 黒鹿毛 ホワイトマズル) 4勝
2着
きさらぎ賞(G3)
カレンオプシス
( 2012 青鹿毛 サムライハート) 2勝
エマノン
( 2013 黒鹿毛 ハーツクライ) 4勝
1着
大阪杯(G1)、ジャパンC(G1)、アルゼンチン共和国杯(G2)、金鯱賞(G2)、共同通信杯(G3)
2着
東京優駿(G1)、東京スポーツ杯2歳S(G3)
3着
安田記念(G1)、ジャパンC(G1)、宝塚記念(G1)、ドバイシーマクラシッ(G1)
ルナステラ
( 2015 鹿毛 ディープインパクト) 3勝、中央現役
ルナシオン
( 2017 鹿毛 ディープインパクト) 1勝、中央現役
ルナベイル
( 2018 黒鹿毛 ハーツクライ)
曽祖母 River of Stars
( 1983 Riverman)
四代母 Star Fortune
( 1971 Pia Star)
母父:
アグネスタキオン(1998年 栗毛 )
通算成績 | 4戦4勝(4-0-0-0)
父×母父の
産駒
26 頭
代表産駒 アンジュジョリー

マイホース新着情報

ブログ、Twitterは外部サイトへ移動します。

みんなの新馬評価

あなたの新馬評価
みんなの新馬評価とは
一口馬主を楽しんでいるユーザーやPOGユーザーが、血統・馬体・仕上がり・健康度のいずれかの評価ポイントと点数で新馬を評価。他のユーザーがどんな視点で新馬を評価しているのかがわかります。