netkeiba.com

モントボーゲンの2018(モントボーゲンの2018)

牝2 鹿毛
募集額(口数) 一口出資金
750万円(100口) 7.5万円 / 1口
総賞金:
0万(0.0%)
本賞金 0万
付加賞 0万

獲得金はプレミアム登録でご覧になれます。

生年月日 2018年04月14日
馬主 ターフ・スポートターフ・スポート
調教師 大井高野毅
生産者 大滝康晴
産地 新ひだか町
馬名の意味 -
セリ取引価格 -
マイホース
登録
ゲストさん貴ちゃん今日も元気さんゲスト16さん馬券塾塾長さん馬券王子さん 5人
検討リスト
追加
{件数}
マイホース登録について
マイホース登録をすると、愛馬の近況や出走情報などをマイホースページで一元管理することができます。
検討リストについて
検討リストでは、新馬サーチを見つけた気になる馬をリスト化して保存することができます。

おすすめポイント

母の姉弟に天皇賞馬と重賞勝馬がいる血統馬が、今回のTFC1歳馬募集中唯一の地方募集馬として登場だ。  ブレイズ19の母は中央1勝馬のモントボーゲン。その姉弟の顔ぶれが凄い。4歳上の全姉は、2010年のローズSを制した他、阪神JFと秋華賞で2着したアニメイトバイオであり、その下のホーマンフリップも重賞2着馬。そして2歳下の半弟は、昨年の天皇賞春を制したレインボーラインである。  一方の父は、この1歳世代がファーストクロップとなる期待の新種牡馬リオンディーズ。僅か2戦でGIを制したポテンシャルの高さ、そして母シーザリオ、半兄エピファネイア、半弟にはサートゥルナーリアがいる血統面をして、種牡馬としての成功を予言する声は多い。  ブレイズ19は、如何にも新陳代謝の良さそうな皮膚の薄い鹿毛の牝馬。全体的にバランスの取れた造りながら、膝下が短くやや低重心。胸前はたっぷりと深さがあり、ボリュームのある馬体は良質な筋肉に覆われて伸びがあり、今後のトレーニングが楽しみな素材。立ち気味の繋ぎやパワーを生み出す大きく張り出した後駆とあわせてダート競馬への適性が窺える。  また、改めて血統面に目を移すと、近親にはエースインザレース(兵庫ジュニアグランプリ、全日本2歳優駿2着)や中央ダート5勝馬のシルクウィザードの名があり、一方、父の父キングカメハメハはホッコータルマエら4頭のダートGI勝馬の父でもある。血統面も“不足なし”だ。  「生まれ落ちは、それ程ダート馬という感じではなかったのですが、徐々に変わってきました。勿論、中央にもダート戦はあるので、そういう選択肢もありましたが、高野毅調教師が本馬に非常に惚れ込んでくれて、当歳時から牧場に足繁く通っていただきました。そうした“縁”は大事にしようということです」と大滝康晴牧場代表の大滝康晴さん。笑顔で出色の血統馬を大井競馬へと送り出した。

馬体情報

体高 150.0cm 胸囲 171.0cm 管囲
 18.8cm
馬体重 --kg
  • 馬体重: 
  • 測尺  : 2019/05/01 (生後1年0ヶ月) 時点

※最新の募集状況、馬体重や測尺などのデータは、必ず一口馬主クラブが発表したものをご確認ください。

血統情報

父:
リオンディーズ(2013年 黒鹿毛 )
通算成績 | 5戦2勝(2-1-0-2)
主な競走成績
1着 - 朝日フューチュリティ(G1)
2着 - 報知杯弥生賞(G2)


JRA最優秀2歳牡馬(2015年)
本年度
リーディング
- 位 / 332頭中
同世代の産駒 133 頭
EI -
勝馬率 - %
代表産駒 リーブラテソーロ
EI
アーニングインデックス。種牡馬の成績を表す指標のひとつ。競走馬1頭当たりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの平均収得賞金の割合。平均は「1.00」で、それより数値が大きいと優秀な種牡馬といえる。
勝馬率
デビューした産駒のうち、1勝以上した馬の割合。
母:
モントボーゲン(2011年 鹿毛 )
通算成績 | 17戦1勝(1-1-1-14)
牝系図
1着
関西TVローズS(G2)
2着
阪神ジュベナイルF(G1)、秋華賞(G1)、京王杯2歳S(G2)、府中牝馬S(G2)
3着
七夕賞(G3)、クイーンS(G3)
ホーマンフリップ
( 2008 栗毛 フジキセキ) 1勝
2着
KBSファンタジーS(G3)
1着
天皇賞(春)(G1)、阪神大賞典(G2)、アーリントンC(G3)
2着
菊花賞(G1)
3着
NHKマイルC(G1)、天皇賞(秋)(G1)、札幌記念(G2)
ドゥハ
( 2014 栗毛 ゼンノロブロイ) 地方1勝
ヒシハルク
( 2018 鹿毛 ブラックタイド) 中央現役
エロス
( 1999 栗毛 トウカイテイオー) 地方3勝
エースインザレース
( 2000 栗毛 ディアブロ) 3勝、地方1勝
1着
兵庫ジュニアグランプ(G3)
2着
全日本2歳優駿指定交(G1)
3着
読売マイラーズC(G2)
シルクウィザード
( 2003 栗毛 リンドシェーバー) 5勝、地方7勝
カシノアドミラル
( 2004 鹿毛 オペラハウス) 地方2勝
レーヌミラクル
( 2013 鹿毛 エンパイアメーカー) 地方3勝
テンノビロク
( 2016 青鹿毛 パドトロワ)
ギムレットローズ
( 2010 栗毛 タニノギムレット) 地方2勝
母父:
ゼンノロブロイ(2000年 黒鹿毛 )
通算成績 | 20戦7勝(7-6-4-3)
父×母父の
産駒
8 頭
代表産駒 モントボーゲンの2018

マイホース新着情報

ブログ、Twitterは外部サイトへ移動します。

みんなの新馬評価

あなたの新馬評価
みんなの新馬評価とは
一口馬主を楽しんでいるユーザーやPOGユーザーが、血統・馬体・仕上がり・健康度のいずれかの評価ポイントと点数で新馬を評価。他のユーザーがどんな視点で新馬を評価しているのかがわかります。