netkeiba.com

スノーサミットの2018(スノーサミットの2018)

牝2 栗毛
募集額(口数) 一口出資金
2000万円(200口) 10万円 / 1口
総賞金:
0万(0.0%)
本賞金 0万
付加賞 0万

獲得金はプレミアム登録でご覧になれます。

生年月日 2018年02月10日
馬主 大樹ファーム大樹ファーム
調教師 栗東西園正都
生産者 ビクトリーホースランチ
産地 浦河町
馬名の意味 -
セリ取引価格 -
マイホース
登録
ぽんさん西村 ★ SPEEDさん穴党幹事長さんリアルシャダイ55さん 4人
検討リスト
追加
{件数}
マイホース登録について
マイホース登録をすると、愛馬の近況や出走情報などをマイホースページで一元管理することができます。
検討リストについて
検討リストでは、新馬サーチを見つけた気になる馬をリスト化して保存することができます。

おすすめポイント

データの登録がないか、クラブからデータの提供を受けておりません。

馬体情報

体高 --cm 胸囲 -cm 管囲
 -cm
馬体重 --kg
  • 馬体重: 
  • 測尺  : 

※最新の募集状況、馬体重や測尺などのデータは、必ず一口馬主クラブが発表したものをご確認ください。

血統情報

父:
ヘニーヒューズ(2003年   )
通算成績 | 10戦6勝(0-0-0-0)
主な競走成績
1着 - キングズビショップS(G1)、ヴォスバーグS(G1)、サラトガスペシャルS(G2)、ジャージーショアBCS(G3)
2着 - BCジュヴェナイル(G1)、ホープフルS(G1)、米シャンペンS(G1)
本年度
リーディング
10 位 / 332頭中(前年度 13位/449頭中)
同世代の産駒 89 頭
EI 0.78
勝馬率 41.5 %
代表産駒 モーニン('16 フェブラリーS(G1))
EI
アーニングインデックス。種牡馬の成績を表す指標のひとつ。競走馬1頭当たりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの平均収得賞金の割合。平均は「1.00」で、それより数値が大きいと優秀な種牡馬といえる。
勝馬率
デビューした産駒のうち、1勝以上した馬の割合。
母:
スノーサミット(2013年 栗毛 )
通算成績 | 4戦0勝(0-0-0-4)
牝系図
祖母 スノーフレークII
( 1998 黒鹿毛 Caerleon)
エルダリオン
( 2009 鹿毛 Aragorn) 1勝、地方1勝
クレスタラン
( 2012 鹿毛 ストーミングホーム) 地方24勝
リアンノン
( 2014 栗毛 ステイゴールド) 地方1勝
ザンセツ
( 2017 栗毛 ダイワメジャー) 中央現役
曽祖母 Ivyanna
( 1989 Reference Point)
四代母 Ivy
( 1981 Sir Ivor)
Ivrea
( 1987 Sadler's Wells)
コルチカ Colchica [英]
( 1996 鹿毛 Machiavellian)
シュータースヒル
( 2003 鹿毛 ジェイドロバリー) 地方1勝
Iviza
( 1990 Sadler's Wells)
デーン Dane [英]
( 1996 鹿毛 Doyoun)
カリカー Carikar [米]
( 1999 栗毛 Gulch)
ゲイリーブリット
( 1997 鹿毛 Gulch) 2勝
グレートヤエ
( 1992 黒鹿毛 ラストタイクーン) 1勝
グランイグアス
( 1999 鹿毛 ブラックタイアフェアー) 1勝、地方2勝
フォグサイド
( 2001 鹿毛 カーネギー) 1勝
マリンプリンセス
( 2003 黒鹿毛 ジョリーズヘイロー) 地方2勝
アムリタ
( 2004 鹿毛 ステイゴールド) 地方9勝
チキリブラウン
( 2005 鹿毛 デザートキング) 地方1勝
ゴールドアグライア
( 2008 鹿毛 ステイゴールド) 地方3勝
Ivy Leaf
( 1994 Nureyev)
ユーワマトリックス
( 2001 鹿毛 デインヒル) 1勝、地方6勝
ハートリーフII Heartleaf [愛]
( 1996 鹿毛 Sadler's Wells)
バリアントパシャ
( 2000 鹿毛 デインヒル) 地方7勝
セイユウキング
( 2007 鹿毛 ノーリーズン) 地方9勝
母父:
アドマイヤムーン(2003年 鹿毛 )
通算成績 | 17戦10勝(10-2-2-3)
父×母父の
産駒
6 頭
代表産駒 ムスコローソ

マイホース新着情報

ブログ、Twitterは外部サイトへ移動します。

みんなの新馬評価

あなたの新馬評価
みんなの新馬評価とは
一口馬主を楽しんでいるユーザーやPOGユーザーが、血統・馬体・仕上がり・健康度のいずれかの評価ポイントと点数で新馬を評価。他のユーザーがどんな視点で新馬を評価しているのかがわかります。