netkeiba.com

ボカイウヴァの2018(ボカイウヴァの2018)

牡2 鹿毛
募集額(口数) 一口出資金
3000万円(500口) 6万円 / 1口
総賞金:
0万(0.0%)
本賞金 0万
付加賞 0万

獲得金はプレミアム登録でご覧になれます。

生年月日 2018年02月26日
馬主 フクキタルフクキタル
調教師 美浦藤沢和雄
生産者 パカパカファーム
産地 新冠町
馬名の意味 -
セリ取引価格 -
マイホース
登録
コルソーさんpielostさんkousuke1932さんgrindstoneさんかいものめいじんさんとしやん777さんヴィデッチさんもんちいさんゲストさんサンデーホストさん 77人
検討リスト
追加
{件数}
マイホース登録について
マイホース登録をすると、愛馬の近況や出走情報などをマイホースページで一元管理することができます。
検討リストについて
検討リストでは、新馬サーチを見つけた気になる馬をリスト化して保存することができます。

おすすめポイント

本馬は雄大でかつ均整のとれた馬体に恵まれており、非常に素晴らしい素質を持った馬であると思っております。頭が良く、人との信頼関係を早く築けるタイプの馬です。骨量が豊富で良質な筋肉が十分に纏ったボディに、しっかりとした管囲と理想的な角度の繋ぎを持つ脚が備わっており、パワーのみならず俊敏さをも感じさせるスケールの大きな牡馬であります。それ故、藤沢調教師も本馬を気に入っている事はそれほど驚くことではないと思っております。 本馬は2月生まれの2番目の仔であり、現在体高は159cm、馬体重は505kgと順調な成長過程を辿っております。おそらくレースでは500kg前後で出てくると予想しています。 母馬は主にフランスで競馬をしており、レーシングポストレーティングで110の評価を獲得し、2000mのレースでも優勝しております。 母父TeofiloはG1馬を数多く輩出しているだけではなく日本の競馬に合う種牡馬であるとも考えており、血統面でも非常に期待しております。ちなみに本馬の半兄は初仔ながら2017年のセレクトセールで27,000,000円(税込)で落札されています。 また、新種牡馬のモーリスへの我々の期待は高く、本馬の当歳時の出来が非常に見事であったので、本馬以外にもパカパカファームでは数多くモーリスを種付けしております。本馬の本質を見抜き素質を存分に開花させられるのは藤沢調教師であると考え、預託を依頼し、引き受けて頂く事になりました。今からデビューが待ち遠しい期待の1頭である事は間違いありません。

馬体情報

体高 159.0cm 胸囲 186.0cm 管囲
 20.5cm
馬体重 505kg
  • 馬体重: 8/31 9:00 (生後2年6ヶ月) 時点
  • 測尺  : 8/31 9:00 (生後2年6ヶ月) 時点

※最新の募集状況、馬体重や測尺などのデータは、必ず一口馬主クラブが発表したものをご確認ください。

血統情報

父:
モーリス(2011年 鹿毛 )
通算成績 | 18戦11勝(11-2-1-4)
主な競走成績
1着 - 安田記念(G1)、マイルチャンピオンS(G1)、天皇賞(秋)(G1)、香港マイル(G1)、チャンピオンズマイル(G1)、香港C(G1)、ダービー卿チャレンジ(G3)
2着 - 安田記念(G1)、札幌記念(G2)

JRA特別賞(2016年)、JRA年度代表馬(2015年)、JRA最優秀短距離馬(2015年)
本年度
リーディング
- 位 / 332頭中
同世代の産駒 176 頭
EI -
勝馬率 - %
代表産駒 ウインプリメーラの2018
EI
アーニングインデックス。種牡馬の成績を表す指標のひとつ。競走馬1頭当たりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの平均収得賞金の割合。平均は「1.00」で、それより数値が大きいと優秀な種牡馬といえる。
勝馬率
デビューした産駒のうち、1勝以上した馬の割合。
母:
ボカイウヴァ(2011年 栗毛 )
通算成績 | 0戦0勝(0-0-0-0)
牝系図
祖母 Breath of Love
( 2002 Mutakddim)
曽祖母 Breath Taking
( 1982 Nureyev)
四代母 Cap d'Antibes
( 1971 Better Boy)
母父:
Teofilo(2004年 鹿毛 )
通算成績 | 5戦5勝(0-0-0-0)
父×母父の
産駒
3 頭
代表産駒 ボカイウヴァの2018

マイホース新着情報

ブログ、Twitterは外部サイトへ移動します。

みんなの新馬評価

あなたの新馬評価
みんなの新馬評価とは
一口馬主を楽しんでいるユーザーやPOGユーザーが、血統・馬体・仕上がり・健康度のいずれかの評価ポイントと点数で新馬を評価。他のユーザーがどんな視点で新馬を評価しているのかがわかります。